妻との関係を修復したい

クライエイトはカウンセラーを信頼するようになり、妻との壊れた関係について何をするべきか、すぐに話し作うことができるようになるのです。その相手が妻との関係を修復したいと思っていることは明らかだったようです。関係を修復できなくても、彼が別の女性との愛を見つけられることも明らかであった。この選択肢は、カウンセリングを受けに訪れたときには、彼の頭の中になかった。彼との間で次のような会話が交わされたようです。短いがリアリティセラピーを知るには十分かもしれないですね。

「○○さん。話を聞きたいですね。気になっていることを話してくれますか」「落ち込んでいます。ひどい気分で、とても滅入っていて、一週間も仕事を休んでいます」「気分が悪いことで、誰かを責めていますか」

まず最初に、うまく行かなくなった人間関係を聞き出す。それから、彼が支配型コントロールの行動をしているか、自分の気分を誰かのせいにしているかどうかを探すのです。このような質問は、彼の注意を引き、カウンセリングが進んでいくのです。詳細はまた改めて書いていきたいと思います。

Posted by touristsound in 関係修復 | Trackback

コメントを残す

  Some XHTML allowed.