今よりも良いことができることを示唆

さらに続きます。「何でもいいから言ってみてください。ここは言いにくいことも話す所ですから」「自分ではそう思わないのですが、妻は僕があまりにも支配的であると言い続けていました。つまり、何でも命令すると。でも、変なのは、妻は望んでいると僕は思っていたのです。妻は私より十歳も若く、二十三歳です。妻よりも僕のほうが世間をたくさん知っています。僕が何でも決めるのを、妻が望んでいると思っていました」「奥さんには帰ってきてほしいですか」「ええ。もちろんです。帰ってきてほしいです。妻が帰ってくるような手助けをしていただけますか」その質問には私は答えなかった。彼女が帰ってくることが、彼にとってベストなのか、あるいは彼らにとってベストなのか。それを知るには、私たちはもっと話し合う必要がある。できるともできないとも言っていないのです。次の質問は、彼が何をしているかを尋ねる。この質問は、彼が今よりも良いことができることを示唆している。経験では、ほとんどのクライエントがそのように解釈するようです。

Posted by touristsound in 関係修復 | Trackback

コメントを残す

  Some XHTML allowed.