結婚を改善するには遅過ぎた

あなたはみじめさを選択していると言われたらどう思うでしょうか。気分が悪くなるときにはいつでも、まるでふりかかってくるような感じであり、自分で選択したとは思えないと言うのではないでしょうか。こういうことが起こるので、自発的セレクション理論について情報を与え、クライエントが理解する状態が整うまで、クライエン卜の感じていることは自分の選択であるとは話さないことにしているのです。単刀直入に話せば、クライエン卜は席を立って帰ってしまうであろうから。ある彼の場合は、結婚を改善するには遅過ぎた。彼がカウンセリングに来る前に妻は家を出てしまい、帰ってこなくなっていたのです。しかし、アドバイスした選択は、彼が再婚するときに、次の女性との関係で役立つでしょう。二番目の妻に対しても最初と同じように接していたら、新しい人間関係にも大したものは期待できないでしょう。カウンセリングの最初の数回で話し合ったのは、お互いを知るための話し合いや冗談をたくさん言うことで、お互いを知ることだったのです。このような話し合いは、カウンセリングを成功させるために必要な温かい、支援的な関係を育むためには重要なのですよね。

Posted by touristsound in 結婚 | Trackback

コメントを残す

  Some XHTML allowed.